ペットフードは、プレミアムフードとエコノミーフードに二分されます。

ドッグフードにも実に多数の種類がありますが、大まかに分けると、ペットフードは、プレミアムフードとエコノミーフードに二分されます。アーテ間違いのドッグフードは原材料や添加物が厳しく管理されていて、AAFCO(米国飼料検査官協会)、USDA(米国農務省)、FDA(米国医薬品局)といったアメリカの3つの政府機関の検査に合格しています。ホームセンターやペットショップなどでドッグフードをまとめて買ったりしたら運ぶのに意外に重くて大変です。

品質が悪い原材料をカバーするために色々な添加物を入れざるをえません。食べつづけていると必ず病気になるといっても過言ではない成分で造られているのです。

ドッグフードを扱っている通販の雑誌なども、ここのところ徐々に増えてきました。

サイエンス・ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)プロはサイエンス・ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)の上位のブランドで愛犬のワンランク上の免疫力をサポートするという特徴があります。小型犬幼犬用のスモールブリードパピー、小型犬成犬用のスモールブリードアダルト、7歳以上の小型犬成犬用のスモールブリードシニア、中大型犬幼犬用のミディアム/ラージ ブリードパピー、中大型犬成犬用のアダルトドッグ、6歳以上の中大型犬成犬用のミディアム/ラージ ブリードシニア、体重管理用のウェイトマネジメント、全犬種高栄養型のマキシマドッグなどの製品が揃えられています。

ボッシュは合成保存料が含まれていないので、取り扱いがデリケートなドッグフードです。

獣医師(国家公務員や地方公務員、民間企業に就職するなどして、診療を行わない獣医師も少なくありません)のサポートのもと、医学的にも、安心できるドッグフードとして提供しています。

ヒルズは有名なドッグフードのメーカーで、日本においてはアメリカのヒルズペットニュートリションの子会社の日本ヒルズ・コルゲート株式会社がヒルズのドッグフードを取り扱っています。エコノミーフードというのは、いわゆる、低価格なでしょう。

国産ドッグフード安全